BLOG

Hiromiの日記

*私のこと①ピラティスにはまる

*私のこと②会社員時代

のつづき。

 

終電帰りもある忙しい部署で、

きっと寝不足も続いていたんだと思います。

なんとなく体調不良が続き、今思い返すと食欲も無く、

こんな身体で続けられない気がしていました。

 

ちょうどその頃、上司との面談で、

大きな事業部を任されることになったんです。

マズイなと思いました。身体がもたない。

引き継ぎした後に辞めることになったら迷惑すぎる…。

 

一旦は席に戻ったものの、その後すぐに退社の意思を伝えました。

時間にすると面談含めて30分くらいの中での決断でした。

 

辞めると決めたら、ピラティスのことを思い出したんです。

あ、私、ピラティスをたくさんの人に知ってほしいって思ってたって。

 

早速調べたら、以前インターンをしていたスタジオで、

第2期インストラクター養成講座が開講されるとのこと。

さらに、ちょうどスタッフが1人辞めるから、

ひろちゃん働かない?って声をかけてもらえました。

なんていうトントン拍子!

 

こんな感じで会社員を辞めて、

ドキドキ、ワクワクしながら

ピラティスの世界に入ることになりました。

 

が、…つづく

(写真は名古屋のスタジオREBORN)

2019年1月28日 Hiromiの日記

前回のつづき。

 

入社4年で、とにかく忙しい部署に異動になりました。

通勤に1時間20分くらいかかっていたので、

月初や会議前などは、6時半前に家を出て、終電で帰宅、

布団に入るのは夜中1時過ぎることも。

 

余談ですが、会社から駅までダッシュできるよう、

社会人になって初のスニーカーを買いました。

 

会社員をしていたのは5年半くらい。

メールや対応が丁寧すぎるほど丁寧と言われるのは、

きっと秘書の仕事のおかげ。

エクセルが困らない程度には使えたり、

経営資料や数字に拒否反応が出たり(笑)するのは、

経営管理課の仕事のおかげです。

 

部署異動して1年半、仕事で頭がいっぱいで、

ピラティスからはすっかり足が遠のいてしまいました。

 

つづく

2019年1月22日 Hiromiの日記

La fonteをOPENするまでの道のりを

よく聞かれるので、私自身の備忘録として

簡単にですが書いてみようと思います。

ピラティスインストラクターになりたい方にも、

何か少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

—–

インストラクターをしていると、運動神経がいいと思われがちですが、

子供のころから運動が苦手で好きではありませんでした。

マラソンは後ろから数えたほうが早かったですし、

25m泳げたこともありませんでした。

 

そんな私ですが、

会社員時代、何か運動したいなと思って、

いくつか体験レッスンを受けました。

その中で出会ったのが、

名古屋のピラティススタジオREBORNです。

ものすごく優しい動きなのに、

身体が軽くなるのが不思議で、

週1のグループレッスンに加えて、

家でも毎日ピラティスをしていました。

 

3か月ほど経ったとき、

生理痛の痛み止めを飲んでいない自分に気づきました。

学生のころから鎮痛剤がないと出かけられなくて、

社会人になってからは、

効きが悪くなっていると感じていたのにです。

 

あまりに感動して、REBORNの先生に、

「私もインストラクターになりたいです」って伝えたのは、

ピラティスを初めて、ほんの3か月の超初心者のとき。

そして、日曜日にREBORNの受付をしながら、

インターンとして学ばせていただきました。

先生方のレッスンやお客さまの身体の変化を

間近で見ることができたのは、すごく幸運なことでした。

(写真は、ちょうどこの頃に撮影したものです)

 

数か月後、土日休み・定時退社の秘書業務から、

月初や会議前は土日出勤・終電帰りの経営管理課に移り、

辞めざるを得ませんでした。

レッスンからもしばらく遠のくことになります。

 

つづく

 

******************
動く整体ピラティスで、
ココロもカラダもしなやかに♪

町田 の ピラティス スタジオ  La fonte

******************
JR横浜線 町田駅から徒歩2分

2019年1月21日 Hiromiの日記

1 2 3 29