BLOG

クラウンピラティスのこと

クラウンピラティス インストラクター養成コース 3日目。

この日は午前中に2レッスンあったのですが、

偶然にも話題はどちらも”膝の向き”でした。

 

Mさまは、膝の向きをまっすぐにするためにはどうしたらいいか。

Nさまは、O脚と歩行時の膝の向きについて。

 

そして、コース中のテニスボールリリースでも、

膝の向きの話になりました。どうしたらまっすぐになるか。

 

返事は全て同じです。

「リリース(緩めること)をしてください」

 

膝の向きって、ある程度力を使えば向きを変えられます。

でも、意識している時だけ。力を抜いたら戻ります。

 

目標は、意識しなくても、ちょうどいい膝でいることですよね。

力を抜いたら元に戻る場所が、ちょうどいい場所であること。

じゃあ、今緊張している部分をほぐしましょう!

 

Mさまは、基本のリリース・すねのリリース・内ももストレッチで、

クルンと内を向いていた左の膝が、少し前を向くように♪

 

Nさまは、ご家族のことでしたので、

テニスボールリリース(足裏だけでも!)をお勧めしました♪

 

 

コース生は、すねのリリースで、膝の動きが軽くなって、足・膝の向きを調整しやすくなったのを感じたそうです♪

 

緩めて自然にまっすぐに近くなったら、

まっすぐを意識して動くことをしていきます。

次回のコース内容は、ストレッチシリーズに入ります!

 

~クラウン ピラティス インストラクター養成コース レポート~

***********************
からだ整う! 軽くなる!

ラフォンテ ピラティストレーニング

Pilates Studio La fonte   JR町田駅徒歩2分

***********************

クラウンピラティス インストラクター養成コース 2日目。

”センタリング” と ”ゆるめる”を教える練習をしました。

 

センタリング=まっすぐはどこ?

生徒さんが自分で感じられるように、

自分で探せるように、正確にできるように。

 

ミカサボールのリリースのときも、

ただボールを置いて緩めているんではないんです。

ここでも大事なのは、まっすぐ。

しっかり準備をしてからボールをセットしましょう。

 

そんな練習をしました。

次回は、テニスボールリリースからスタートです!

 

~クラウン ピラティス インストラクター養成コース レポート~

***********************
からだ整う! 軽くなる!

ラフォンテ ピラティストレーニング

Pilates Studio La fonte   JR町田駅徒歩2分

***********************

インストラクター養成コースが始まりました!

ビギナーマット町田3期生です。

 

ピラティスとクラウンピラティスの概要、歴史。

ピラティスの哲学とクラウンピラティスの考え方。

そして、”呼吸”のお話をたっぷりと約3時間。

 

以前、知り合いの鍼灸師さんが

「究極、呼吸できる身体になればOK」と話されていましたが、

ほんと、その通り。

 

呼吸は身体を中からマッサージしてくれます。

背骨の動きがスムーズになり、

必要な筋肉が働きやすくなり、

姿勢の改善につながります。

すると、呼吸がよりしやすくなって、

背骨の動きがスムーズに・・・

と良い循環が始まります。

 

そんな深い呼吸ができるようになるために、

どうしたらよいか。何が必要か。

来週Day2以降のコース内容です。

 

~クラウン ピラティス インストラクター養成コース レポート~

***********************
からだ整う! 軽くなる!

ラフォンテ ピラティストレーニング

Pilates Studio La fonte   JR町田駅徒歩2分

***********************

1 2 3 11